副業の大きな壁となる確定申告

会社員として働いている人が、もし副業で収入を得たのであれば、金額によっては確定申告をしなければいけなくなるのです。
この確定申告が、副業の大きな壁にもなるのです。

基本的に、年間で20万円を超える収入を得た場合は、確定申告をして所得税を支払わないといけないのです。
年間で20万円なので、月に2万円のペースで稼ぐと、それだけで所得税の対象になってしまうのです。

したがって、確実に税金の支払いを逃れるためには、年間での収入を20万円以下に抑えないといけないのです。
もっとも、収入が20万円を超えても、副業をする際に経費がかかったなら、その分の金額を差し引くことができるので、20万円を超えたからと言って絶対に所得税を支払わないといけないわけではありません。

さて、確定申告をして所得税を支払うこと自体は構わなくても、会社に副業していることはバレたくないという人は多いと思います。
その場合は、住民税を副業分として申告するようにしましょう。

副業がバレてしまうケースの大半が、会社に郵送される住民税の明細が要因となりますから、本業と副業の別々の住民税を納めることが必要になるのです。

いずれにしても、副業を始める前には、確定申告や税金に関することを一通り勉強しておくようにしましょう。
特に、会社が本来は副業を禁止している場合には、なおさらしっかりと覚えておくようにしましょう。

なお、実際のところは副業の所得が20万円を多少超えても、確定申告をしている人は少数かもしれません。
そもそも、自分が副業でどれぐらい稼いでいるのか、把握していない人もいるぐらいですし。
ただ、確実に面倒なトラブルを防ぎたいのであれば、やはりしっかりと確定申告をしておくようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ